Blog

子育てエコホーム支援事業始まってます

皆さんこんにちは(*^^*)

GWも今日で終わりですね。どこかお出かけしましたかー?

私は来週振替でGW休暇を頂きます。って言っても遠出するわけでもなく、姪っ子とお出かけの予定しかない笠井です。

 

 

突然ですが最近話題の省エネ補助金についてお話ししたいと思います。

 

今年の2024年キャンペーン住宅省エネの申請が4月から始まっています。

 

直近では2022年こども未来支援事業 1142億円、

2023年こどもエコ住まい支援事業 1709億円、

2024年は...

 

【子育てエコホーム支援事業】 

予算は…2100億円  です。

 

他にも

・先進的窓リノベ2024事業

・給湯省エネ2024事業

・賃貸集合給湯省エネ2024事業 というものがあります。

 

それぞれに予算が有り、予算達成すると終了となります。

それでは子育てエコホーム支援事業について詳しく見ていきましょう!

 

国の目的は、2050年のカーボンニュートラル目標を達成するために、住宅の省エネ性能を支援する という事です。

 

誰でも補助金がもらえるのかというと、そうではありません。

対象となる方は、

①子育て世帯または若者夫婦世帯のいずれかである

※申請時点において、2005年4月2日以降に出生した子供がいる世帯

※申請時点において夫婦であり、いずれかが1983年4月2日以降に生まれた世帯

 

②エコホーム支援事業者(イニハンス)と工事請負契約を締結し、住宅を新築する方

 

①と②を満たした方が対象ですヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

どんなお家でも補助金がもらえるの?…そうでもありません。

 

対象となる要件と補助額ですが、

長期優良住宅・・・最大:100万円/戸

※長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅

ZEH住宅・・・最大:80万円/戸

※消費エネルギーから省エネ・創エネしたエネルギーを差し引くと、使用したエネルギーがゼロ以下になるような住宅

 

①所有者自らが居住する

②都市再生特別措置法第88条第5項の規定により、当該住宅に係る届出をした者が同条第3項の規定による勧告に従わなかった旨の公表がされていないもの

③住戸の延べ面積が50㎡以上240㎡以下

④土砂災害特別警戒区域又は災害危険区域(急傾斜地崩壊危険区域又は地すべり防止区域と重複する区域に限る)に原則立地しないもの

 

と、色々と要件はあります。

ちなみにイニハンスの標準仕様は長期優良住宅仕様となっております。

 

工事期間の要件は、

①2023年11月2日以降に基礎工事より後の工程に工事に着手した住宅である

②交付申請時、一定以上の出来高の工事完了が確認できる

 

交付申請期間は、

2024年4月2日以降から予算が上限に達成するまで(遅くとも2024年12月31日まで)となっております。

 

予算の達成がいつまでかはわかりませんが、本日の段階では10%となっています。

 

 

 

主観ではありますが、7月8月頃が微妙なラインになるのでは?と個人的に予測しております。

去年のこどもエコ住まい支援事業が2023年が9月28日で達成してます。補助額が上がってると言えども何事も早めが良いですね。

 

 

いつでも補助金等のご相談承ります。

他の助成金などとは併用できないものもありますので、一度ご相談ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*☞*゚゚゚゚*☜*☆*

 

モデルハウスの見学、資金計画、一からの家づくりの
ご相談・ご予約は、いつでも承ります✎*。

 

土地探しから『ワンストップ』で対応できる
«自社施工100%»の工務店です

 

◇◆施工対応エリア◆◇
大阪府 奈良県 京都府
詳しくはお問い合わせくださいませ(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)”

 

こちらから、もしくはLINE・お電話にて承ります。
※携帯電話の方は、下記の追従ボタンからお問合せ可能です。

(📞’ω’) 072-975-6022
営業時間▶︎9:00〜19:00 水曜日定休日

 

 

 

住宅用の土地探しもお任せください

ページトップへ